量産試作

量産試作では、実際に製品に近い形で部品を製作、組立てし、機能やデザイン(形状、色、素材、使い勝手)を満たすかどうか確認します。一般的に「試作」というと、この製品試作を指す場合が多いかも知れません。

製品試作を行うには、寸法入りの図面と電気の回路図や実装図が必要です。ここまでのプロセスで、もし曖昧な部分があったとしても、製品試作では、部品の一つ、ネジの1本まで具体化し、実際に組み立てられて、実用機として機能するものを試作します。

001_03.jpg

【特殊計測器 試作】

ここでは、量産を前提とするため一部の部品を簡易型などによってつくったり、機械加工で製作したりして、最終製品を意識した部品作りや装置作りを 行います。とくに最終製品を作るための量産用の金型は、金額が大きくかかります。金型の変更は簡単には出来ません。従って事前に充分検討する必要があるの です。

製品試作のコストは、ものによりバラツキもありますが、部品を一つ一つ機械加工機で手作りしたり、NCマシンなどで削り出したりするため、場合によっては数十万円~数百万円になることがあります。

製品試作で検討される項目は、機能、デザイン(形状、色、素材、使い勝手)の確認以外にも、部品や製品の耐久性、部品点数を減らしてコストダウンできるかどうかの検討など多岐にわたり、一度の試作で終わることは極めて稀です。

仕様書

機能試作

デザイン試作

量産試作