syanetsu-TOP

プラムネットの評価装置シリーズ/遮熱特性評価装置TP-01

本装置は近赤外線領域における太陽光をピーク発光波長の異なる赤外LEDで模擬的に再現し、その反射光強度を測定することで遮熱塗膜や遮熱シート等の遮熱性能を定量評価するものです。

「塗装工学202010月号」

遮熱特性評価装置の研究開発に関する資料が掲載されました。
技術資料(PDFファイル:1MB)ぜひご覧ください。

製品カタログや取扱説明書を、PDFファイルでダウンロードできます。お客様へのプレゼンテーションに、また社内稟議の資料等にご利用ください。

カタログ

特長

◆近赤外領域の太陽光を3波長の赤外LEDで疑似的に再現

◆積分球方式の光学プローブにより面粗度に影響されない測定が可能

◆パルス点灯回路とデータ加算平均処理で安定した繰り返し精度と短時間測定を実現

用途

◆遮熱塗膜やシートの性能評価

◆遮熱塗料やシートの製造ロット管理

◆遮熱塗膜やシートの経時変化測定


仕様・外観図Q&A


◆基本仕様

光源 赤外発光ダイオード
ピーク発光波長 870nm1200nm1550nm
受光器 InGaAs フォトダイオード
投光角 30°
受光角 0°
計測時間  9sec(各波長 3sec
電源 100V AC 50/60Hz
寸法(mm) 本体250(W)×100(H)×200(D) プローブφ50×95
重量 2.4kg


◆外観図

 

 

製品カタログや取扱説明書を、PDFファイルでダウンロードできます。お客様へのプレゼンテーションに、また社内稟議の資料等にご利用ください。

カタログ