機械加工

img_machining800

機械加工は、文字通り工作機械を使用して金属や樹脂を加工する事です。ここでは基本的な工作機械を使用した加工を、解説しています。

機械加工一覧


① 施盤加工

旋盤は被切削物を回転させ、固定されたバイトと呼ばれる工具で切削加工をする工作機械の一つであす。 主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、「突切り」と呼ばれる各加工を行います。
被切削材料が回転するため、加工品は必ず回転軸に対して対称形になります。(円筒や円錐、皿形など)

② フライス加工

フライス盤は、フライスと呼ばれる工具を用いて平面や溝などの切削加工を行う工作機械です。
金属などの加工対象物は可動式のテーブル上に固定され、回転軸の先端に取り付けた回転工具の刃先で切削されます。テーブルは工具の回転中心軸に対して横方向へ動かして切削します。工具はさまざまな加工に対応するために交換可能となっており、多様な回転工具が販売されています。まっすぐに穴をあけるドリルと異なり、切削時の力が回転軸の横方向に掛かるため、硬い物を加工する時も回転軸や回転工具がぶれないように、全体が頑丈に作られています。

③ 穴あけ加工

ボール盤は、穴をあけるための工作機械です。台状のテーブルに加工する素材を置き、主軸に取り付けたドリルまたはリーマなどの切削工具を回転させ、主軸を下げることで穴あけ加工を行います。

④ プレス加工

プレス加工は、対となった工具の間に素材をはさみ、工具に強い力を加えることで、素材を工具の形に成形(塑性加工)することです。一般には対となった工具のことを金型、加圧する機械のことをプレス機械と呼びます。
この加工方法では、加工に使用するプレス機械や、行う加工の内容にもよりますが、一般的にプレス加工は他の機械加工と比較して、生産性が高いことから大量生産に向いているほか、連続加工も可能です。多くの場合では、この連続的な加工を自動化させやすく、更に生産性の向上も期待できます。

⑤ 光造形

光造形は、代表的な3次元造形法の一つであり、ラピッドプロトタイピング技術の先駆けの造形手法です。原理的な技術は1980年に日本人が発明し、その後アメリカで1986年に製品化されました。日本ではラピッドプロトタイピングとして導入されている装置の半分以上がこの光造形法を利用した装置です。
液状の光硬化性樹脂で満たした水槽に紫外線を照射すると、照射された部分が光重合反応を起こし硬化します。硬化させた層を積み重ねて、造形を行います。
ラピッドプロトタイピングの手法の中でも、細かな造形や正確なサイズ表現に優れています。